トップページ | 大使館案内 | 日本・アルメニア関係 | 経済協力 | 領事・安全情報 | 広報文化 | アルメニア情報 |

9/26・27 人形劇場及びコミタス博物館にてアルメニア独立25周年記念能公演を開催しました

     2016年9月26日(月)及び27日(火),エレバン市コミタス博物館及びハイフェスト国際演劇芸術祭事務局共催で、アルメニア独立25周年に際しての日本からの祝賀メッセージとして、日本の伝統芸術である能の初のアルメニア公演を行いました。
     今回は東西文化融合をテーマに、能とフラメンコによるコラボを含めた出演が行われたほか、能で使われる楽器の使い方や装束の着付けの仕方、琵琶の弾き語り等も行われ、会場には立ち見が出るほどの観客が集まり、日本から訪れた重要無形文化財総合指定の藤井雅之氏率いる能楽師達の演技と演奏に魅了されていました。また、当地メディアでも演技の様子は大きく取り上げられました。
 
             
                                                   コミタス博物館での田口大使による挨拶                      コスタンジャン・コミタス博物館長よる挨拶

                   
                         柏山氏による「船弁慶」                                         藤井氏、辰巳氏による「土蜘」                         大倉氏、大村氏によるお囃子楽器講座
 
                                 
            上藪氏による「班女」(能フラメンコ)           重要無形文化財総合指定の辰巳氏による「八島」          須田氏による「壇ノ浦」(琵琶弾き語り)