トップページ | 大使館案内 | 日本・アルメニア関係 | 経済協力 | 領事・安全情報 | 広報文化 | アルメニア情報 |

10/19(木)-10/23(月) 第12回日本映画祭のお知らせ 《日程が一部変更になりました》

  2017年10月19日(木)から23日(月)まで、エレバン市の他、エチミアジン市、ギュムリ市で日本映画祭を開催いたします。上映スケジュール、作品については以下のとおりです。 入場は無料です。皆様お誘い合わせの上,是非お越しください。
 
共催:日本大使館、国際交流基金、アルメニア・日本文化・教育・科学センター「ヒカリ」、エチミアジン市役所
 

上映スケジュール


 
【エレバン市】
  10月19日(木)モスクワシネマ
     18:30-18:50  オープニング
     18:50-20:51 「武士の献立 A Tale of Samurai Cooking」(121分)  ロシア語字幕
 
  10月20日(金)ロシア・アルメニア(スラヴォニク)大学
     14:30-     「 くちびるに歌を Have a Song on Your Lips」(132分) 英語字幕

  10月20日(金)モスクワシネマ
     18:30-20:39 「マエストロ!Maestro!」(129分) 英語字幕
 
  10月21日(土)ロシア・アルメニア(スラヴォニク)大学
     13:00-14:37  「 楽隊のうさぎ A Band Rabbit and a Boy」(97分) 英語字幕
 
  10月23日(月)ロシア・アルメニア(スラヴォニク)大学
     14:30-16:23  「 アブラクサスの祭り Abraxas」(113分) 英語字幕

【エチミアジン市】
  10月20日(金)エチミアジン市・市役所
     16:00-16:10  オープニング
     16:10-18:11  「 武士の献立 A Tale of Samurai Cooking」(121分) ロシア語字幕
 
【ギュムリ市】
  10月22日(日)オクテンベル映画館
     13:00-13:10   オープニング
     13:10-14:58  「 テルマエ・ロマエ  THERMAE ROMAE」(108分) ロシア語字幕
     15:10-16:56  「 幼獣マメシバ  MAMESHIBA」(106分) ロシア語字幕

上映作品

  武士の献立 (10/19 18:50- エレバン市・モスクワシネマ、10/20 16:10- エチミアジン市・市役所) 

監督:朝原雄三、 公開:2013年、 上映時間:121分  

解説
 主君の食膳を調える“包丁侍”として、江戸時代に加賀料理の基礎を築いた舟木伝内。その息子に嫁いだ女性の視点から加賀藩の内幕を描いた人情劇。舟木家のレシピ集「料理無言抄」から再現した料理を散りばめ、当時の武家の台所事情を映像化した。
 奥女中の春(上戸彩)は料理上手だが気が強く、1年で離縁された身。だが加賀藩の包丁侍・伝内(西田敏行)に望まれ、跡取り息子の安信(高良健吾)と再婚すると、料理が苦手な 安信を鍛え出す。   


 

 

  マエストロ! (10/20 18:30- エレバン市・モスクワシネマ) 

監督:小林聖太郎、 公開:2015年、 上映時間:129分

解説: 
 オーケストラを題材にしたさそうあきらの原作コミックを実写化。『毎日かあさん』で国際的に高く評価された小林聖太郎が、監督を務める。世界的指揮者・佐渡 裕とピアニスト・辻井伸行が参加した音楽エンタテインメント。
 若手コンサートマスターの香坂(松坂桃李)は、不況の影響によって解散したオーケストラの再結成に携ることに。しかし、練習場に現れたのは再就職先が決まらない演奏家たちで、久々の音合わせもうまくいかず前途多難な雰囲気が漂う。そこへ怪しげな男、天道(西田敏行)が登場。天道による常軌を逸した指揮にもかかわらず、楽団員たちは自信を取り戻していき……。


 

 

  くちびるに歌を (10/20 14:30- エレバン市・ロシア・アルメニア大学) 

監督:三木孝浩、 公開:2015年、 上映時間:132分
 
解説: 
 TVドキュメンタリーから着想を得た中田永一の小説を映画化。監督は『陽だまりの彼女』の三木孝浩。
 長崎県・五島列島。東京から来た美人ピアニスト・柏木ユリ(新垣結衣)は臨時教師として中学校の合唱部の顧問になる。気が強く責任感の強い部長・ナズナ(恒松祐里)、引っ込み思案のサトル(下田翔大)、それぞれが誰にも言えない秘密を抱える。待ちにまった全国コンクール当日、事件が起こり…。みんなの想いがひとつの“歌”になるとき、本当の奇跡が起きる。
 
 
 

 

  楽隊のうさぎ (10/21 13:00- エレバン市・ロシア・アルメニア大学) 

監督:鈴木卓爾、 公開:2013年、 上映時間97分

解説: 
 中沢けいの同名小説をもとに、『ゲゲゲの女房』の鈴木卓爾監督が映画化した音楽ドラマ。吹奏楽に打ち込む中学生たちの姿をハートフルに描く。物語の舞台となる静岡県浜松市在住の子どもたちをキャストに起用した。
 内気でいじめられがちな中学1年生の克久(川崎航星)は、学校が掲げる部活動必須の方針に困惑していた。だが、奇妙なうさぎ(山田真歩)に導かれるようにして、学内で最も練習時間の長い吹奏楽部に入部してしまう。

 

  アブラクサスの祭 (10/23 14:30- エレバン市・ロシア・アルメニア大学) 

監督: 加藤直輝、 公開:2010年、 上映時間:113分

解説: 
 現役の住職である芥川賞作家・玄侑宗久の同名小説をもとにしたヒューマン・ドラマ。北野武らが教授を務める東京藝術大学大学院映像研究科の卒業生となる加藤直輝監督は、これがデビュー作となる。サンダンス国際映画祭2011ワールド・ドラマティック・コンペティション部門正式招待作品。
 鬱病で薬の手放せない悩める僧侶の浄念(スネオヘアー)。元ミュージシャンの彼は音楽への想いが再燃して、地元でライブを開こうとする。ところが檀家から反対の声が出る。
 


 

 

  テルマエ・ロマエ (10/22 13:10- ギュムリ市・オクテンベルシネマ)