トップページ | 大使館案内 | 日本・アルメニア関係 | 経済協力 | 領事・安全情報 | 広報文化 | アルメニア情報 |

草の根・人間の安全保障無償資金協力 平成28年度「アラピ村下水設備建設計画」供与式の実施

    平成29年10月22日(日)、草の根・人間の安全保障無償資金協力の枠組みによる「アラピ村下水設備建設計画」の完了に伴う供与式典が、アルメニア北西部シラク州アラピ村において開催されました。本式典には、田口駐アルメニア特命全権大使の他、被供与団体であるアラピ村行政府のアイヴァジャン村長、ハチャトゥリャン・シラク州知事、ガザリャン非常事態省救助隊長等が出席しました。
 
      本計画は、貧困農村であるアラピ村の衛生環境改善のために下水施設を整備し、同村に居住する約100世帯360人の生活環境の改善を目的としたものです。平成29年3月14日(火)に当館とアラピ村行政府間で贈与契約が締結され、日本政府より94,873米ドルが供与されました。(署名式のプレスリリースはこちらをご参照下さい。)
 
 
案件名:                          アラピ村下水設備建設計画 (於シラク州アラピ村)
被供与団体:                  アラピ村行政府
贈与金額:                      94,873米ドル (11,384,760円)
贈与契約締結日:          2017年3月14日(火)
 
    
                  当館一行を歓迎するハチャトゥリャン州知事              アイヴァジャン村長による開会                                 田口大使による祝辞
    
                          住民代表の感謝の言葉                                          感謝を伝えに歩み寄ってきた住民                                 整備された下水道