第17回ハチャトゥリャン国際コンクールにおける出口大地氏の優勝と 福島大使との懇談

2021/6/14
 
 令和3年6月6日から12日にかけて、エレバン市のアラム・ハチャトゥリャン・コンサートホールにおいて、第17回ハチャトゥリャン国際コンクール(本年は指揮部門)が開催され、日本人指揮者出口大地氏が優勝しました。指揮部門での日本人の受賞は今回が初めてです(注:2012年に田部絢子氏がヴァイオリン部門で優勝。)。12日に行われた閉会コンサート及び授賞式後に開催されたサルキシャン大統領主催夕食会には福島大使が出席し、出口氏に祝意を表するとともに、コンクール関係者及び受賞者と今後の日・アルメニア音楽交流について懇談しました。
アラム・ハチャトゥリャン国際音楽コンクールは、20世紀の偉大な作曲家であるアラム・ハチャトゥリャン氏の生誕100周年にちなんで2003年に始まった国際コンクールで、毎年米国、ドイツ、日本、中国、韓国を始めとする約20か国から若手音楽家が参加しています。同コンクールの役員にはサルキシャン大統領やアルメニアの著名な音楽関係者が含まれる他、審査員にはモスクワ国立交響楽団の音楽監督等が名を連ねています。
Mr. Deguchi 1
Mr. Deguchi 2