トップページ | 大使館案内 | 日本・アルメニア関係 | 経済協力 | 領事・安全情報 | 広報文化 | アルメニア情報 |

平成29年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力「アルメニア児童遊具整備計画」署名式の実施

     平成30年3月7日(水)、草の根・人間の安全保障無償資金協力の枠組みによる「アルメニア児童遊具整備計画」の贈与契約の署名式典が、アルメニア中部コタイク州カマリス村において開催されました。本式典には、田口在アルメニア大使の他、被供与団体であるNGO「我々の村を良く」のトヴマシャン代表、実施パートナーであるNGO「人権のための国際社会」のシガリャン代表、コタイク州政府よりマルガリャン副知事およびハイラペチャン副知事、ステパナヴァン行政府よりカランタリャン市長補佐、その他援助先の各幼稚園の園長や村長等が出席しました。
 
     本計画は、コタイク州内4つの公立幼稚園の遊技場と、ロリ州ステパナヴァン市の市民公園の遊技場の遊具を整備し、児童約3,230名の生活環境および教育環境を改善するものです。被供与団体は国際NGO「人権のための国際社会」と共同で事業に取り組んでいく予定です。
 
案件名:                     アルメニア児童遊具整備計画 (於コタイク州カマリス村・カサク村・ゾブニ村・ビジュニ村、ロリ州ステパナヴァン市)
被供与団体:            NGO「我々の村を良く」(NGO “Improve Our Village”)
                                   実施パートナー NGO「人権のための国際社会」(NGO “International Society for Human Rights” (ISHR))
贈与金額:                44,768米ドル (4,924,480円)
贈与契約締結日:    2018年3月7日(水)

                               
            児童による伝統的な賓客出迎えの儀式              児童による歓迎の演技                                          トヴマシャン代表による開会の挨拶

                                 
             田口大使による祝辞                                              贈与契約への署名の様子                                    握手を交わす田口大使とトヴマシャン代表

                                 
             シガリャンISHR代表の挨拶                                  マルガリャン副知事のスピーチ                              整備予定地の1つ (カマリス村幼稚園遊戯場)