3/15(木)、16(金) 山田みどり池坊総華督による日本伝統文化紹介事業を実施しました

2018/3/19
 
  3月15日(木)及び16日(金),池坊総華督であり茶道表千家流と墨絵も教授される山田みどり講師及びオリガ・セリヴァノヴァ墨絵講師による茶道・墨絵のデモンストレーション及び講習会を開催しました。
  エレバン市ではアルメニア・日本文化教育センター「ヒカリ」の協力のもとエレバン国立芸術アカデミーにて茶道及び墨絵の、エチミアジン市ではイェギシェ芸術学校にて墨絵のデモンストレーション及び講習会が行われました。
  茶道デモンストレーションでは、表千家流茶道家である山田みどり講師によって茶道の歴史や作法、茶道の基本的な考え等が紹介されたのち、その場で点てたお茶と和菓子が会場のお客様にふるまわれました。

 
エレバン国立芸術アカデミーにおける茶道デモンストレーション及び講習会
    
  

  墨絵デモンストレーション及び講習会では、参加者たちは山田講師とセリヴァノヴァ講師の指導を受け、墨の濃淡、明暗と筆の動きで表現する墨絵の奥深さを感じながら実際に竹や花、猫などを描きました。できあがった作品には名前を入れ記念に持ち帰りました。


エチミアジン・イェギシェ芸術学校における墨絵デモンストレーション及び講習会
    

エレバン国立芸術アカデミーにおける墨絵デモンストレーション及び講習会
  

 
  両日ともに会場には立ち見がでるほど大勢の参加者が集まり,茶道及び墨絵を通じて日本文化への関心を深めると同時に、実際に体験できる素晴らしい機会となりました。