11/29・30日 アルメニア外交関係樹立25周年記念和太鼓公演を開催しました

2017/12/7
 
     2017年11月29日及び30日,日アルメニア外交関係樹立25周年記念として、日本から和太鼓奏者の壱太郎氏及び篠笛・能管奏者の岸田晃司氏を招き、エレバン及びヴァナゾールにて和太鼓公演を行いました。
 
     会場には両日ともに大勢の観客が集まり、日本の伝統楽器による演奏に対して、盛大な拍手と声援が寄せられました。またヴァナゾールの公演には、ゲストとしてアルメニアの音楽舞踊グループ”Horovel”のメンバーも参加し、両国の音楽家によるコラボレーション演奏が行われました。
     また11月29日には、スペンジャリャン音楽学校にてワークショップが行われ、伝統楽器の演奏方法等について紹介するとともに、最後に生徒達との合同演奏も行われました。
 


                                                                 
                                                                      田口大使による挨拶                                              ヴァルダニャン文化次官の挨拶
                                                                                                                                             
                                                                  
                                                                               観客の様子                                                      ヴァナゾールでの合同演奏

                                                                   
                                                                   日本の音楽家達による演奏                      スペンジャリャン音楽学校でのワークショップ